サムライ伝 最新情報
13.09.10『作家メシ ~浅倉卓弥編~』 4.芽キャベツ

『サムライ伝』著者・浅倉卓弥さんの書き下ろし!
コアなファンが付きつつあるfacebook特別企画、『作家メシ』4回目です。
お料理好きには本当に興味深いお話です。ぜひシェアしてくださいね。

『作家メシ ~浅倉卓弥編~』
4.芽キャベツ

ここらで春野菜の話をもう一つだけ。こちらは前回のスティック・セニョールよりはよほど一般的ではないかと思うのだが、よくビーフ・シチューなんかに使われている、名前の通り見事にキャベツの形をしているのに大きさはちょうどピンポン玉くらいしかないというあれである。見るたびにその都度改めて、いやはや芽キャベツとはまさに見事なネーミングだなと感心させられてしまう。
たぶん誰でもそうすると思うのだけれど、さすがにピンポン玉を一口で頬張るのはややきついので、まずしっかりとフォークで押さえながらナイフで縦に二つに割る。すると構造もやはりキャベツそのものである。中央に芯があり、葉が気紛れな整然さとでも呼ぶのが相応しいような佇まいで折り重なって、ちょうど葉脈のような模様を描いている。シチューであれば、その現れた切断面にソースを多少付けてから口に運ぶ。歯ごたえも味もまさしくまだ極めて若いキャベツという感じである。
そういう訳でこの前までずっと、漠然とではあるけれど芽キャベツ畑とでもいったようなイメージをどこかに描いて持っていた。畝に沿って小さなピンポン玉をつけた短い茎がまっすぐに並んでいるとでもいった感じである。あるいはキャベツがごく若いうちに収穫されるのかと思ったこともないでもないけれど、よく考えてみればそんなのはあまりに非効率的であるといわざるを得ないだろう。同じ手間で収穫量が格段に減ってしまう訳だから、とんでもない高級食材になってしまうに違いない。
ところがである。先日訪れたあるイタリアン・レストランの入り口に、この芽キャベツの鉢植えが据えられていたのである。正直ちょっとした衝撃だった。棕櫚の木のような幹から直接、この芽キャベツがびっしりと列を成して並んで生えていたのである。たとえは悪いがどことなく岩壁に張り付いたフジツボの一群を思わせるような様相だった。
調べてみるとこの和名姫甘藍なるアブラナ科のこの植物、大きい種類のものでは一メートルを越える高さにまでも育つらしい。確かに僕が出くわしたのもちょうどそのくらいの丈があった。もちろんそれはあくまで茎であり決して樹木の幹ではないのだけれど、どことなく、いわば野菜離れしているとでもいった感じに思えた。それでもやはり分類学上はキャベツに極めて近い仲間なのだそうである。確かにそうでなくては困る。
さて、この芽キャベツも先のスティック・セニョールと同様に、最初に茹でるなり蒸すなりして中まで柔らかくしてからさっとバターで表面を炙って塩だけ振っても十分に美味しくいただけるのだけれど、やはり洋風のソースとの相性がよい。シチューはもちろんのこと、市販の鮭料理用のトマトクリームソースに合わせたりしても面白い。何よりもそこにあるだけでなんとなく気分が春めいてくる。あるいはこれもまたネーミングの妙のせいなのかもしれないが。いうまでもなく、春は新芽の季節である。

PAGE TOP