サムライ伝 最新情報
13.08.21「サムライ伝・ダダイ編」第2話 あらすじ

【編集部です】『サムライ伝』あらすじの続きです。

それより、
「作家メシ」(笑)
いきなりスライダーを投げられた感じですね(笑)
しかし読み物としてはレベル高い!! (笑)

さて、あらすじの続きです。

「第二話」

ダダイの兵を退け再び歩を進める雷電とミナの前に、瀕死の牛が現れる。

食糧とすべく二人が近付いていくと、牛はミナの予測よりもずっと巨大で、凶暴だった。雷電は力試しとばかりに、舌舐めずりをしながら牛との闘いに臨む。

その頃ダダイの邸の厩舎では、額に痣を持つ男ユダが、「十二人の使徒」の一人として選ばれた自らの運命に思いを巡らせていた。

するとユダの眼前の空間が歪み始め、獅子を象った仮面の男が現れる。仮面の男は厳かな声でユダに問うた。

「神の力とは、そもそも何であるか」と−−

PAGE TOP