ニワトリ★スター 最新情報
13.09.03《たなか雄一狼プロフィール Vol.6》

お待たせしました!たなか雄一狼さんのプロフィール連載。
第6回目です!
 
《たなか雄一狼プロフィール Vol.6》
アジーの実家にある薄暗い地下室を照らす赤い照明と、
ビリヤードの台と、ボロボロのターンテーブルとレコード。
そして壊れかけのブラウン管式テレビで、
皆がスポーツ中継を必死で見ていた光景だけが脳裏に残っています。
ジャミロクワイのスペースカウボーイという曲がヘビーローティションでした。
 
その地下室はアジーの友人や親しき近隣の住人の溜まり場的だったと思います。
ほぼ全員が黒人でしたが一人だけベアーと呼ばれる、
体格の大きく気の優しい白人もいました。
ですが、そのベアーは車で生活していると知った時は驚きました。
 
黒いサンタクロースの人形がある事を知りました。
 
黒人の全員がラップやバスケが上手ではないと言う事を知りました。
 
当時で40歳を過ぎていたアジーの兄上が、
一度もその街から出て旅行に出かけた事がないと聞いて驚きました。
外国旅行など夢みたいな話だと笑いながら話しているのを聞いて、
なんとなく切なくなった事を覚えています。
ですから海外生活経験のあるアジーは、家族の中でも国際派的な扱いを受けてよく冷やかされていました。
アメリカは華々しく、派手な国だと思っていました。
NYや一部の都市のイメージを極端に捉えていたからです。
 
ですがアジー達は日々、同じ街の、同じ通りで、同じ事を繰り返し、
テレビを見て、安いビールを飲んで、葉巻を吸い、ビリヤードをして。
私達はそれが退屈と思っていましたが、徐々にその感覚も麻痺してゆき、その時の流れの中で酩酊したまま、何かしらの楽しみを見つけるようになりました。
そして週末はボウリングや映画館に行くといった程度のイベントを、
楽しみにしているアメリカの平均的な庶民の素朴な一面を見て、
意外に感じた事が印象に残っています。
当時なりに、大阪での生活はもっと娯楽などにおいても
選択肢が多い事を気付かされたからです。
日常というレベルでは、大阪も同じ様な平坦な感覚も当然ありますが、
日本での生活基本オプションの選択肢が、
アメリカの庶民より遥かに多い事を体感し、
アメリカという国に対して勝手に抱いていた幻影が、
自分の中で消滅した年でした。
 
これは私のプロフィールというものですが、
こうやって書き始めると様々な想い出が多く、
このまま突き進むと“自伝”というような形態になるのでは?との懸念を胸に、今回はこのアメリカ編という章で終わらせて頂きます。
 
次回へ続く?
 

PAGE TOP