フロア 最新情報
13.09.17著者の根本起男さんをご紹介!Vol.2

『フロア』連載開始までいよいよカウントダウン!!
   
著者の根本起男さんをご紹介!Vol.2
 
根本起男さんは、1965年10月13日、茅ヶ崎生まれの47歳です。
先祖は愛知県知多市の武家の家柄で、祖父と父の代までは特定郵便局長だそうです。
早稲田大学法学部卒業。茅ヶ崎から1時間40分かけて通っていました。
その後、検事になりたかったため司法試験を目指し、2年間の司法浪人を経て、元々興味があったマスコミに食い扶持を求めて読売新聞社の入社試験を受け合格し、現在も現役の新聞記者です。
子供の頃から高校まで打ち込んでいた剣道は2段、合気道は2級の腕前です。(合気道のきっかけは、女性の手に触れられるからとのことです)
  
執筆のきっかけは、記者の時、事実を追いかけながら、常に「こうなったほうが面白い」と妄想を抱いていたことで、1995年12月1日に、転勤先の山形から東京に戻り、1月3日にダイクマでワープロOASISを購入。その夜から書き始めそうです。
もともと、スティーヴン・キングのようなホラーが好きだったので、「鬼」のイメージ山形にいた頃の想像で、田舎で陰惨な事件が起きて、それが鬼と関わりがあるという設定作品を書いたのが始まりだそうです。
  
(つづく)

PAGE TOP